敷居の高い衣類

着物はいろいろな面で洋服より非日常的で敷居の高いものです。
まず、滅多に購入する物ではありません。同様に着る機会も普通の人だと成人式と冠婚葬祭ぐらいです。着付けができる人も少なく、他人に着せてもらう場合も多いです。

しかし、着物は洋服と違って、いまだに親族などから新品、中古を問わず譲り受けることがあるものです。洋服ではそのようなことは現代では少ないです。

着物は価格も洋服より高価である場合が多いです。洋服なら、着ないからといって比較的に気軽に処分したり売ったり譲ったりできますが、着物はなかなかそのように処分したりしにくいです。
どこが買ってくれるのかなどの情報も少ないですし、まず価格が高い、貰い物であったりすると、売ろうと言う気持ちに至るのが難しいです。

でも実際着る機会が少ない、もっと言うとないとも言えるようなものなので、断捨離など流行っている現在においては、売ろうと考える人も増えつつあると思います。

着物は美しく伝統のあるものですが、ずっと箪笥に眠っているのなら持っていても意味がないからです。売って誰かが着てくれる方が着物も本望だと考えることもできます。

近頃、着物を着て花火大会に来ている人々が少なくなりました。
ですが、たまにちらほらと、カップルで着物を着てお祭りの夜店などを練り歩いているのを見かけると、とても心がなごみます。

着物を好きになったきっかけは、叔母が私の嫁入り前に着物を揃えてくれたことでした。

今はその叔母はこの世にいません。それから、その着物をあまり着ることもなく離婚。実家に戻り、その叔母の介護をすることになったのです。

介護をしながらも、叔母のそろえてくれた着物を着る機会がほしいと、着付け教室に通い始め、呉服屋さんで働いたこともあります。それから次第に着物の魅力にとりつかれるようになりました。着物を着て楽しめることは結構あります。

ここ十数年の間で増えてきたのが「黒留袖にあえて1つ紋、3つ紋」を選ぶ人が増えてきた、ということです。黒留袖は基本的にはおめでたい席などで着用するものなのですが、1つ紋、3つ紋の黒留袖を選ぶことで「色留袖よりは各が高いけれどカジュアルに使える」といった選択肢になりうることが理由
参考:着物買取の中でも留袖は高額査定につながりやすい!市場のニーズが高いのが理由|着物の高額買取ランキングナビ

のようで、【茶道、三味線、長唄、小唄、】日本の伝統文化と呼ばれるものは着物で習うことが多いはずです。
古い日本映画も好きになり、着物を着て三味線で唄をうたっている俳優さんのその姿に魅かれ、ミーハーな私は三味線と小唄もはじめました。

今はそれらすべての思い出が桐のタンスにしまいっぱなしです。現在は新たに再婚し、実家の父が亡くなってから、今は母の介護もしています。いつかまたそれらの思い出をとりだし、はじめるつもりです。

でも、大好きなくせに未だに自分で上手に帯を締める事ができません。ですが、着物にはなんか不思議な魅力を感じます。

私は和柄がとても好きなので、着物の柄がとても好きです。最近は若い方々にも人気が出るように洋柄のものが増えてきましたが、私は未だに花だったら牡丹や桜、また手まりやとんぼなど、昔ながらの柄がとても好きです。

またあまり体型が良くなくても着物ではあまり目立たないというところも好きです。むしろスタイルの良い方よりも寸胴の人の方が着崩れもしにくく、綺麗に着れるところにもちょっと魅力を感じます。

着物はそんなに厚い生地ではないと思うのですが、なかなか断熱性に優れているので昔の人の知恵が見えてとてもすごいものだと思います。

何よりも長持ちする生地で作られているので、自分の母親の着物でも綺麗に着る事ができるのですごいと思います。そしてサイズもフリーサイズなので、代々着る事ができるのでいいなと思います。

こんなに着物の事が好きなのに未だに帯を締めるのが下手なのでいつか上手になりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です