敷居の高い衣類

着物はいろいろな面で洋服より非日常的で敷居の高いものです。
まず、滅多に購入する物ではありません。同様に着る機会も普通の人だと成人式と冠婚葬祭ぐらいです。着付けができる人も少なく、他人に着せてもらう場合も多いです。

しかし、着物は洋服と違って、いまだに親族などから新品、中古を問わず譲り受けることがあるものです。洋服ではそのようなことは現代では少ないです。

着物は価格も洋服より高価である場合が多いです。洋服なら、着ないからといって比較的に気軽に処分したり売ったり譲ったりできますが、着物はなかなかそのように処分したりしにくいです。
どこが買ってくれるのかなどの情報も少ないですし、まず価格が高い、貰い物であったりすると、売ろうと言う気持ちに至るのが難しいです。

でも実際着る機会が少ない、もっと言うとないとも言えるようなものなので、断捨離など流行っている現在においては、売ろうと考える人も増えつつあると思います。

着物は美しく伝統のあるものですが、ずっと箪笥に眠っているのなら持っていても意味がないからです。売って誰かが着てくれる方が着物も本望だと考えることもできます。

近頃、着物を着て花火大会に来ている人々が少なくなりました。
ですが、たまにちらほらと、カップルで着物を着てお祭りの夜店などを練り歩いているのを見かけると、とても心がなごみます。

着物を好きになったきっかけは、叔母が私の嫁入り前に着物を揃えてくれたことでした。

今はその叔母はこの世にいません。それから、その着物をあまり着ることもなく離婚。実家に戻り、その叔母の介護をすることになったのです。

介護をしながらも、叔母のそろえてくれた着物を着る機会がほしいと、着付け教室に通い始め、呉服屋さんで働いたこともあります。それから次第に着物の魅力にとりつかれるようになりました。着物を着て楽しめることは結構あります。

ここ十数年の間で増えてきたのが「黒留袖にあえて1つ紋、3つ紋」を選ぶ人が増えてきた、ということです。黒留袖は基本的にはおめでたい席などで着用するものなのですが、1つ紋、3つ紋の黒留袖を選ぶことで「色留袖よりは各が高いけれどカジュアルに使える」といった選択肢になりうることが理由
参考:着物買取の中でも留袖は高額査定につながりやすい!市場のニーズが高いのが理由|着物の高額買取ランキングナビ

のようで、【茶道、三味線、長唄、小唄、】日本の伝統文化と呼ばれるものは着物で習うことが多いはずです。
古い日本映画も好きになり、着物を着て三味線で唄をうたっている俳優さんのその姿に魅かれ、ミーハーな私は三味線と小唄もはじめました。

今はそれらすべての思い出が桐のタンスにしまいっぱなしです。現在は新たに再婚し、実家の父が亡くなってから、今は母の介護もしています。いつかまたそれらの思い出をとりだし、はじめるつもりです。

でも、大好きなくせに未だに自分で上手に帯を締める事ができません。ですが、着物にはなんか不思議な魅力を感じます。

私は和柄がとても好きなので、着物の柄がとても好きです。最近は若い方々にも人気が出るように洋柄のものが増えてきましたが、私は未だに花だったら牡丹や桜、また手まりやとんぼなど、昔ながらの柄がとても好きです。

またあまり体型が良くなくても着物ではあまり目立たないというところも好きです。むしろスタイルの良い方よりも寸胴の人の方が着崩れもしにくく、綺麗に着れるところにもちょっと魅力を感じます。

着物はそんなに厚い生地ではないと思うのですが、なかなか断熱性に優れているので昔の人の知恵が見えてとてもすごいものだと思います。

何よりも長持ちする生地で作られているので、自分の母親の着物でも綺麗に着る事ができるのですごいと思います。そしてサイズもフリーサイズなので、代々着る事ができるのでいいなと思います。

こんなに着物の事が好きなのに未だに帯を締めるのが下手なのでいつか上手になりたいと思います。

着物を着る機会がもっと増えたらよかったのに・・・

着物はなかなか着る機会がないのですが、親に買ってもらったのでいくつか持っています。
友人に話すと着物を持っているなんて羨ましいと言われますし、買ってくれた親に感謝をしています。

毎年初詣に行く時は着物を来ています。
誰と一緒に行くことになっても着物を着ていくようにしていますし、ちゃんと自分で着ることが出来ます。

レンタルではなくて、自分の物を着ることが出来るのはとても優越感があります。

初詣くらいしか着る機会が無いので、もう少し着物を着る機会があるといいなと思います。
普段は全く着ないので、もったいないなと思うのです。

着物を着る時は女性でよかったなと感じますし、着物って素敵だなとか綺麗だなとかいい印象ばかりです。
もっと大人になって着物が似合うようになりたいです。

いつも、着物を着ている人を見るとおもうことがあります。
それは「なんだか、着せられてる感じ」です。

今は、浴衣などでも簡単に着付けができるセットも売ってますが、そのようなものを着けている人をみると、やはり締まりがない感じがして変なのです。
首元やウエストまわりの着付けがだらだらして、それだったら着ない方がマシなのにと思うわけです。

キチンと着付けをしている方をみると、本当に美しいです。大股では歩けない着物ではありますが、颯爽としていて凛と輝いてみえます。

着付けをしに美容室などに行くのは大変ですが、浴衣でもキチンとした着付けをしてお祭りなんかに行くと、まわりから一目置かれるんではないでしょうか。十代の子なら許せますが、二十代後半からは、着物も浴衣も綺麗に着付けして出かけるようにしたいものです。

また、いつかは自分で着付けができるようになると最高ですね。もう、大人の女に仲間入りした気分になりそうです。

小物にも気をくばり、髪型はシンプルに優雅の着物を着こなしてみたいものです。

私にはまだ子供っぽさがありますし、色気が足りないなと思うのです。

着物はずっと大切にしていきたいですが、なかなか着る機会がないのが残念です。

まず、何より思うことは・・・着物は買うには高いです。
でも、それを売ろうと思うと、二束三文のようです。

私の家にも、母親が習っていた茶道のため揃えた着物、
私が習っていた日本舞踊のために揃えていた着物がたくさんあります。
お金が必要な時もあったので売ろうと考えましたが、二束三文のイメージがあり売れず、タンスの肥やしになっています。

着物は、着る機会があれば、背筋もピンと伸びて奥ゆかしい気分を味わえる素敵なツールです。

しかし、一回着れば洗い張りに出す必要があるため、維持管理にもかなりのお金が必要となります。

そして、売ろうと思うと、どこに売ればいいのでしょうか。
今は着物の買い取り専門業者で売れるようなのです。

決して軽いものではないので、持って確認をしに行くのも手間ですし、

日本文化として素敵なツールではありますが、維持管理にお金がかかること、
売る前提で持つものでもない現代社会において、色々な意味でゆとりがないと持っていても困るものなのかもしれません。

古本買取サービスのヘビーユーザーです。

私は普段から漫画をよく読むのですが、面白いと思う漫画もあればとっておくこともないかなと感じる様な漫画もあります。

人それぞれ趣味があるので、世間一般で人気になっている様な漫画が必ずしも自分の中で良いものだと感じられる訳でもありません。

そうしていく内にいらない漫画がどんどん部屋にたまっていくのですが、そこで私がいつも利用しているのが漫画の買取サービスです。漫画を買取業者に送る段ボールや伝票等の買取セットを用意して自宅まで送ってくれる業者をいつも利用しています。

インターネットで申し込みをすれば後日買取セットが届くだけなのでとても便利です。

いらない本をごみとして捨てるのももったいないので、この買取サービスは頻繁に利用してしまいます。売ればその分お金も入ってきますので、それも利用し続けているポイントです。ごみとして処分するよりもはるかに良いのではないでしょうか。

こうやって買取によって得られたお金は生活費に回すのも良いですし、違う新しい漫画を購入するのにも良いです。

1カラットのダイヤの指輪を買い取ってもらった

私は18歳の時にすでに、OLとして大手の企業の本社の経理事務をやっていました。

高校を卒業してから、すぐに就職したからでしたが、残業が多くて細かい仕事でしたので結構大変でした。

大手の企業なので、派手な女性社員とかもいましたし、コネで入社してきた子で18金の大きな指輪を2つもつけているのを見て、自分も大きな18金の指輪が欲しくなって買ってしまったことがありました。

それ以来、自分が頑張っているご褒美に、指輪を買ってしまうようになりました。
27歳で友人の知人を紹介されて、付き合って結婚しましたが、もらった婚約指輪のダイヤが小さくて悲しくなってしまったのでした。

そのころは、友人は0.5カラットのダイヤの指輪をもらっていたのに、自分は0.2カラットのダイヤの指輪でした。

私は31歳で息子を産んだ時に、自分でローンを組んで1カラットのダイヤの指輪を買ってしまったのでした。

でも、旦那と離婚することが決まって、いろいろとお金がかかるので、その1カラットのダイヤの指輪をネットの買取りサイトに買い取ってもらったのでした。結構査定金額は高額でしたので、よかったです。

振袖の悩み

着物の一種で未婚の女性が着用するもの。最近ではその概念が薄れつつあるとはいえ、その本来の着用期間を知っているとなかなか結婚後に着る勇気は持てません。

むしろ、20代後半になってくると結婚していないことがばれてしまうという恐れから、着ることをためらってしまいます。婚期の遅れや未婚人口が増えている昨今ではそこまで気にする必要がないのでしょうが、正装なのに偽っていいものか、葛藤してしまうのは私だけではないはず。

結婚後または30代半ば以降は留袖といって袖を短くするのが習わしです。

現在20代後半で、成人式に購入してもらった振袖をまだ来たい、でも結婚しているしていないを母親や祖母世代に「あの子はまだだ」なんて見られるのも気が引ける。

そういうことから、特に私のような常識人間は振袖を着る着ないは判断に迷うものです。

そもそも着物自体着る機会は減ってきていて、せいぜい友人の結婚式くらいです。

だからこそせっかくあるなら着て出席したいものです。ただ、結婚式というおめでたい席でもそういう人の目を気にしなければならないのかと思うと、簡単に着れるドレスが好まれます。ただの振袖、されど振袖。

”振袖期間”という小さいけれど深刻な悩みは、アラサー女子なら誰でも1度は考える悩みだと思います。

友達の結婚式に着物で行きました

私は成人式のときに振袖を着ませんでした。当時はめんどくささに負けてしまって、着なかったんですが、二十代後半になった今は着なかったことを後悔していました。振袖って若い独身のうちしか着れないんです。来年結婚予定なので、もう着れないんだろうなと思っていました。

そんな時、友達から結婚式のお誘いがありました。時期は4月の後半。もうこのタイミングを逃したら着れない!と思い着物(振袖)で出席することにしました。

着物はネット通販で借りました。これがすごく便利で何も買わなくて済みました。着付けは家の近くの美容室でしてもらってから、式場に向かいました。着物を着るのなんて七五三ぶりでしたので、歩ける心配でしたが、ちゃんと歩けました。

結婚式の招待客の中で着物の人は7,8人いました。思ったより多かったです。

一人だけ着物で、しかも振袖だったら嫌だなと思っていたんですが、私以外にも一人、振袖の人がいました。独身なのは私だけじゃなくてよかったです。笑

ネット通販で簡単に着物が借りられるのもわかりましたし、着物を着る機会なんてなかなかないので、次回の結婚式のお呼ばれのときも着物で行こうと思います。